ストレスにより退職して生活費に困りお金を借りました

お金を借りた理由はタイトル通りです。職場の上司のパワーハラスメントによりパニック障害となりました。

日常生活を普通に送ることもできなくなってしまい、働くこともできなくなり、よって、会社を退職せざるを得なくなり、

ついには貯金も底をつき、キャッシング生活に陥ってしまった経験談を書かせていただきます。

元々、人からお金借りることは絶対にしてはいけないと親から教育されていたので、お金を借りることには本当にためらいの中仕方なく、といった感じです。

親はもちろん、兄弟、友人にお金を貸してほしいなどといえず、「お金の切れ目は縁の切れ目」ともいう位ですので、

お金の悩みは自分で解決しなければいけないという考えの下、仕方なくキャッシングしました。

最初は20万を借りて生活をしましたが、思いのほか通院代とお薬代で結構な金額が飛んでいくのでそれだけでは足りなくなり、

しばらくして20万、そして30万。無職のくせに借金だけがどんどん膨れ上がってしまい、でも貯金がなく返済できないという負のスパイラルに陥りました。

そこでようやく「気づく」ことができました。いつまでもこのままではいけない、と。

そこからは病気と向き合って、社会生活を送れるように自分なりに努力をして、精神面を鍛えて、次の職場に復帰できるまでに半年もかからず、その間節約生活を送りつづけて

職場復帰から1年以内に借金を完済できました。

正直、お金を返すまでは精神的にも辛かったのですが、自分で蒔いた種は自分でという精神で完済できたのはどん底を味わって気づくことができたから、だと思っています。

いつの間にかの借金地獄、そして債務整理

普通に働き、お給料もそこそこ頂いておりましたが、食費、洋服代、エステやマッサージ代、お化粧品などにだらだらとお金を使う癖があり、カードの支払いが間に合わなくなって数社のカード会社やカードローンでお金を借りました。

周りの人からは一切お金を借りたことはありませんし、まさか私がこんなに借金をしているだなんて思ってもみないでしょう…カードローンや即日融資キャッシングで借りたお金は、最初は30-40万程でしたが、まだ大丈夫、まだ大丈夫と思ううちに数年で200万近くの借金になってしまいました。

さすがに、これはもう限界だ。とやっと気づくことができ、現在は債務整理をお願いしカードを使った浪費生活とは無縁の生活をしております。お金の使い方も変わりました。本当に必要なもの、そうではないものも冷静に見極めることができるようになりました。普通の方にとっては当たり前のことだとおもいますが、それができていなかったことが原因だとおもいます。

もっと早くそのことに気づいていれば、借金もこんなに膨れ上がらなかったと思います。今は債務整理をして月々決まった額の返済をしています。反省をしながら。返済の時期はそんなに長くはありませんが、それが終わっても、この経験で学んだことを忘れず、お金の使い方を見直していこうと思います。

簡単に借りれることを知ってから頻繁利用していました

私の場合は基本キャッシングでした。最初のきっかけは五万円がどうしても必要ですぐに用意出来なかった私は駅前でよく見かけていた、アコムやアイフルの簡単にカードを作れると謳っている看板を思い出しまずアコムで五万円だけ借りたことが始まりでした。

その時の心境としてはどうしても必要だったため本当に助かった、こんな便利なものがあるということに感動していました。審査自体は30分かからないくらいで、そこに自分の情報を入力する時に人に見られたくないという思いと、そのコーナーに来られる方がいるとあの人もそうなのだとどことなく他人事に見えない感覚がありました。

しかし実際お金を借りる瞬間としては借金しているというよりはATMで吐き出す感覚でした。良かったところはほぼ無人のため無人ATMでお金を引き出すだけみたいな雰囲気であったことと、簡単に何万ものお金がまるで自分のお金のように引き出せてしまうことです。

しかもリボ払いにしてしまえば毎月の返済額なんてちょっと飲み代に使うくらいの金額で済みます。後悔はその時はありませんが、強いていうならその借金するための無人コーナーに行くまでに人に見られてしまうことに抵抗がありました。知り合いや同僚などに見られたらどうしようという気持ちです。本当の後悔は返済時の自分の実質の収入が長い期間減ってしまうことだと思います。